動詞について完全に理解できるプリント①


 

 
Google Chrome(グーグルクローム)ご利用がおすすめです。

※ 一部のブラウザでは ボタンクリック後の上下移動が うまくいかないことがあります…

 
 
このページでは、『英語の【動詞】について完全理解できるプリント 1枚目』について説明しています。
 
 
☆ リンク部分を クリックすると、該当するところへ ジャンプします。

【動詞】を完全理解できるプリント(1枚目)
 説明を見る、問題を解く
 スペリング道場 へ
 解説動画 へ
 テキストのプリント へ

 
 




 

 

 
 

『英語の【動詞】について完全理解できるプリント 1枚目』を学びましょう。

答えがわからないときは ヒントボタンもご活用ください。

 
再チャレンジしたい問題があるときは

にチェックします。(これはサンプル画像です)
 

 

右側がチェックがついている状態です。

※ ボタンを押すと、問題の答えも かくれます。
 

 
すべての問題に取り組んでから

を押すと

チェックした問題だけが残ります。
 
 
 

Questions(問題 ここから)

 
 

例題

( )内の語句を適する形に変えなさい。
 
① ( Watch )a baseball game is a lot of fun.

「野球の試合を見るのはとても楽しい。」

答え: Watching または To watch


a lot of ~「たくさんの~」、fun「楽しみ」

→ a lot of fun「とても楽しい」

 
 
② This is a letter( write )in English.

「これは英語で書かれた手紙です。」

答え: written
 

 

   

もし今は答えがわからなくても、このページの説明を読めば必ず解けるようになります。

いっしょに頑張りましょう!

基本ルールについて

 
1つの英文に使える動詞は つ! です。
 
☆ だから、すでに動詞がある文では、 つめの < 動詞 > を < 動詞ではない形 > にする必要があります!
 
 
(ただし、 接続 詞、 関係代名 詞がある文では、それらが文をつなぐ働きをするので、動詞を つ以上使うことができます。) 
 

 

   


 
英語の接続詞には、and, but, or, so(それで、だから)のほかに、以下のようなものがあります。
 
ダントツ英文法:
 
Lesson59 接続詞の that
 
Lesson60 if の使い方
 
Lesson61 接続詞の when
 
Lesson62 because の使い方
 
↑ ここまでが 接続詞
 
↓ ここからが 関係代名詞
 
Lesson94 関係代名詞① 主格のwho, that
 
Lesson95 関係代名詞② 主格のwhich, that
 
Lesson96 関係代名詞③ 目的格のwhich, that
 
Lesson97 関係代名詞④ 関係代名詞の省略
 
これは何詞のはたらき?

(上は画像です。実際の問題はこの下にあります。)
 
※ PCご利用の方・・・表の下部に横スクロールバーがあります。
※ スマホご利用の方・・・表の部分を横にスライドできます。
 
左右にスライド( ← → )して ご利用ください。
 

現在形 過去形 過去分詞形 ~ing形 to ~
speak spoke spoken speaking to speak
話す 話した 話され(てい)る
話され(てい)た
話している
話すこと 
話すこと 
話すために話して 
話すための話すべき
動詞  動  ①,②とも  形 容  形 容
()
 名  詞のはたらき
 副  詞のはたらき
形 容 詞のはたらき
speak の を見る 過去形の答えを 過去分詞形の答えを ~ing形の答えを to ~ の答えを

 
表は 左右にスライド( ← → )します。
 
※ 現在完了形で使われる過去分詞形は特別な訳し方をするので 例外扱いとします。
 

 

どこがおかしい?

次の英文は文法的に間違っています。

どのようにおかしいかを日本語で簡潔に答えてください。
 
 
① He playing tennis now.

動詞がない。


playing は動詞ではないので、このままでは動詞がない文になってしまいます。

He のうしろに is を使って、He is playing tennis now. とすれば現在進行形の文になります。

意味:『彼は今テニスをしています。』

 
 
② Speak English is difficult for me.

動詞が2つある。


Speak と is がどちらも動詞なので、このままでは動詞が2つある文になってしまいます。

Speak を Speaking(動名詞) または To speak(不定詞の名詞用法)にすれば、動詞が1つになります。

意味:『英語を話すことは私にとって難しいです。』

 
 
③ The cake made by Meg.

主語と動詞の関係がおかしい。


made が過去形だとすると、『そのケーキが~作った。』となり、おかしな意味になってしまいます。

made が過去分詞形だとすると、『メグによって作られたそのケーキ』という意味にはなりますが、動詞がない文になってしまいます。

be動詞を使って、The cake was made by Meg. にすれば、『そのケーキはメグによって作られた。』という受動態(受け身)の文になります。

 

 

   

(問題 ここまで)

 
 
 
 

↑ チェックした問題だけを残すには、このボタンをクリックしてください。
 
 
 
※ 問題を はじめの状態にもどすには ここをクリック
(ページを再度開きます)

または『ページの更新』をしてください。
 
 

 
このページの内容をマスターしたら

動詞について完全に理解できるプリント② にも

ぜひチャレンジしてくださいね。
 

 




 

 

 

スペリング 道場
(英単語のつづりを覚えよう)

 

このページの英単語が 1文字ずつ出てきます。

出てくる文字に続けて、指でスペリングを練習すると効果的です。

覚えるまで 繰り返しチャレンジしてくださいね。
 

 

 
前もって英単語を かくしたいときは

下のボタンを押してください。

(確認テストになります)
 

 
☆ 覚えたら を押してください。

(ボタンを押すと、日本語と英単語が見えなくなります)

 

 
←押すたびにスピードアップします

はじめのスピードにもどす(ページが更新されます)

 
 
『 speak の過去形 』
 

 

 

 
 
『 speak の過去分詞形 』
 

 

 

 
 
『 speak の ~ing形 』
 

 

 

 
 
『 speak の不定詞の形 』
 

 

 

 
←押すたびにスピードアップします

はじめのスピードにもどす(ページが更新されます)

 

スペリング 道場
(ここまで)

 
 




 

 

 

 
↑ テキストを印刷して、書き込みながら動画を見ると、より効果的です。

ぜひ印刷してご利用ください。

画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。
 
 




 
 

ほかにも たくさんのプリント があります。

ぜひご利用くださいね。

 

基本英単語 のページへ

オリジナル英単語帳 のページへ

ダントツ英文法 のページへ

クリックすると、それぞれのページが 開きます。

 

☆ プリントを使ってみた感想 なども いただけるとうれしいです。

 
 

 
◎ リゾートあつしの おすすめ
 
 
 おすすめ 英語教材(本・参考書・問題集)
 
 
 おすすめ 通信教育(無料体験・資料請求)
 
 
 おすすめ 英会話(通学・オンライン)
 
 
クリックすると それぞれのページが 開きます。
 

 
 
 
produced by eigoblock

IMG_blokkun-minix2