lesson60 … if の使い方

 中学英文法の解説授業の動画(全100講座)を無料公開中

前半動画
後半の解説動画を見るためには、メールマガジン内でお伝えしているパスワードが必要になります。  後半動画を見るにはここをクリック。 / メルマガ登録はこちらから

 

↓ クリックすると、テキスト&確認テスト(大きい画像・PDFファイル)のページへ移動します ↓

テキスト(ifの使い方)l60

 

確認テスト(英作文のプリント)te60

 

☆ 以下は、テキストの内容(基本文、解説)になります。

【テキストの画像やPDFファイルを見ることができないときにご覧ください。】

 

≪ If ~ /  if ~ ≫「もし~ならば」

If  ~  ,  …  . または  …  if  ~  .

※ Ifが文頭に来るときは、コンマ(  , )が必要になる。

(1) If you’re free tomorrow, please call me.

= Please call me if you’re free tomorrow.

『もしあなたが明日ひまなら、私に電話してください。』

(2) If you want to be a doctor, study hard.

= Study hard if you want to be a doctor.

『もしあなたが医者になりたければ、熱心に勉強しなさい。』

※ If  ~  ,  …  . または  …  if  ~  . の  ~  の部分は、

未来のことでも現在形であらわす。

「もし明日雨が降ったら」→ if it is rainy tomorrow

(内容的には未来のことだが、willやbe going toを使わない)

 

一方、 …  の部分の未来のことはそのまま未来形であらわす。

→ If it is rainy tomorrow, we will not play tennis. または

We will not play tennis if it is rainy tomorrow.

 

☆ 等位接続詞

… and (~と、そして),  but (~が、しかし),

or (~かまたは…、それとも),  so (それで、だから)

 

命令文(…), and ~ .「…しなさい。そうすれば~」

Hurry up, and you’ll catch the bus.

「急ぎなさい。そうすればそのバスに間に合うでしょう。」

 

命令文(…), or ~ . 「…しなさい。さもないと~」

Hurry up, or you’ll miss the bus.

「急ぎなさい。さもないとそのバスに乗り遅れるでしょう。」

 

☆ 従属接続詞 … that, if, when, because, before, after,

though, while, till, untilなど

→【lesson61】の下部の説明を参照のこと。

 

 

用語

句 … < 主語 + 動詞 > を含まない2語以上のまとまり。(in the parkなど)

節 … < 主語 + 動詞 > を含む2語以上のまとまり。(that節など)