関係代名詞の英作文④


 

 
Google Chrome(グーグルクローム)ご利用がおすすめです。

※ 一部のブラウザでは ボタンクリック後の上下移動が うまくいかないことがあります…

 
 
このページでは 関係代名詞の英作文④【 主格の which わりこみ型 】についてまとめています。

 
 
☆ リンク部分を クリックすると、該当するところへ ジャンプします。

関係代名詞の英作文④【 主格の which わりこみ型 】
 説明をみる、問題を解く
 スペリング道場 へ
 解説動画 へ
 テキストのプリント へ

 
 




 

 

 

 
関係代名詞の英作文④【 主格の which わりこみ型 】を学びましょう。

答えがわからないときは ヒントボタンもご活用ください。

 
再チャレンジしたい問題があるときは

にチェックします。(これはサンプル画像です)
 

 

右側がチェックがついている状態です。

※ ボタンを押すと、問題の答えも かくれます。
 

 
すべての問題に取り組んでから

を押すと

チェックした問題だけが残ります。
 
 
 

英単語帳のページについて:

下のボタンを押してみてください。

 
 

 
☆ スマートフォンの方は、『横向き』のほうが見やすくなります。

 
 
 
 
 

Questions(問題 ここから)

 

主格の which わりこみ型
 
 
このページでは、主格の which わりこみ型 を学びましょう。


 
 
≪ 英作文の作り方 ≫

 
 
☆ 【 先行詞 which もうひとつの詞 】 の形をしっかり作る!
 
☆ もうひとつの動詞が 一般動詞 のときは、3単現の s が必要かどうかを確認する。
 
☆ 読むときはふつう、(メインの)動詞 の前で息継ぎをする。
 
☆ which の代わりに that を使うこともできる。
 
 
   
 


 
【 3単現の s について 】
 
ダントツ英文法:
 
Lesson19 3人称・単数・現在形の s【肯定文】
 
 
プリント教材 & 仕上げレッスン:
 
3人称単数現在形のs(3単現のs)1~6
 

 
 
関係代名詞 which の代わりに that を使うこともできます。

 
ダントツ英文法:
 
Lesson95 関係代名詞② 主格の which, that
 

 
 
わりこみ型でない形は『くっつき型』になります。

→ もう1つの形『 主格の which わりこみ型 』はこちらから )


which  that

この下では 英作文にチャレンジしましょう。
 

を押すと、関係代名詞の使い方や、品詞などがわかります。

 

【 品詞について 】

 関係代名詞 → 関 代

 もうひとつの動詞 → 動詞②

と表しています。

 

「動詞」と表示されるものが メインの動詞 と考えてください。

(…「動詞①」ではなく、「動詞」とだけ表示されます。)

息継ぎする場所は、「動詞」(メインの動詞)の前 です。

 
下 線 部 の部分と [ 角カッコ ] の部分は
書き換えができることを表しています。

 

1 
『 (1人の)少年といっしょに走っているその犬はポチです。』
 


 
まず、【 先行詞 which もうひとつの動詞 】の部分(↓ 四角の中 ↓)を作りましょう。
 
『  (1人の)少年といっしょに走っているその犬  はポチです。』
 
 
 「 (1人の)少年といっしょに走っている その犬」
 
 
(※ 「その」ではなくて「犬」が説明されています)
 
 
という部分は、英語では 後ろから前を説明する形 になり
 
 the dog which ~ ~ ~
 
 
となります。
 

 

 
『  (1人の)少年といっしょに走っているその犬  はポチです。』

The
dog
which
is
running
with
a
boy
is
Pochi
.
   


 
The dog is Pochi. という英文が まずベースになっています。

主語である The dog を説明する部分(which is running with a boy)が メインの動詞(is … The dog is Pochi のほうの is)の前にわりこんでいます。

読むときはふつう、メインの動詞(2つ目の is)の前で息継ぎします。

The dog which is running with a boy / is Pochi.
 
 
which の代わりに that を使うこともできます。
 

 
発展:

which is を省略すると、現在分詞を使った文になります。

※ 日本語訳は同じです。

The dog running with a boy is Pochi.

『 (1人の)少年といっしょに走っているその犬はポチです。』
 

 

 
【 分詞について 】
 
ダントツ英文法:
 
Lesson92 分詞① 現在分詞
 
 
プリント教材 & 仕上げレッスン:
 
分詞を理解するプリント①

分詞を理解するプリント④
 


the  dog
which  is
run  with
a  boy

2 
『 私の母によって作られたこのケーキはおいしい。』
 


 
まず、【 先行詞 which もうひとつの動詞 】の部分(↓ 四角の中 ↓)を作りましょう。
 
『  私の母によって作られたこのケーキ  はおいしい。』
 
 
 「 私の母によって作られた このケーキ」
 
 
(※ 「この」ではなくて「ケーキ」が説明されています)
 
 
という部分は、英語では 後ろから前を説明する形 になり
 
 this cake which ~ ~ ~
 
 
となります。
 

 

 
『  私の母によって作られたこのケーキ  はおいしい。』

This
cake
which
was
made
by
my
mother
is
good
delicious
.
   


 
This cake is good [delicious]. という英文が まずベースになっています。

主語である This cake を説明する部分(which was made by my mother)が メインの動詞(is)の前にわりこんでいます。

読むときはふつう、メインの動詞(is)の前で息継ぎします。

This cake which was made by my mother / is good [delicious] .
 
 
which の代わりに that を使うこともできます。
 

 
発展:

which was を省略すると、過去分詞の【形容詞用法】を使った文になります。

※ 日本語訳は同じです。

This cake made by my mother is good [delicious].

『 私の母によって作られたこのケーキはおいしい。』
 

 

 
【 分詞について 】
 
ダントツ英文法:
 
Lesson93 分詞② 過去分詞
 
 
プリント教材 & 仕上げレッスン:
 
分詞を理解するプリント②

分詞を理解するプリント④
 


this  cake
was  make
by  my
mother  good
delicious

3 
『 髪の長い[長い髪を持っている]あのネコはとてもかわいい。』
 


 
まず、【 先行詞 which もうひとつの動詞 】の部分(↓ 四角の中 ↓)を作りましょう。
 
『  髪の長い[長い髪を持っている]あのネコ  はとてもかわいい。』
 
 
 「 髪の長い[長い髪を持っている] あのネコ」
 
 
(※ 「あの」ではなくて「ネコ」が説明されています)
 
 
という部分は、英語では 後ろから前を説明する形 になり
 
 that cat which ~ ~ ~
 
 
となります。
 

 

 
『  髪の長い[長い髪を持っている]あのネコ  はとてもかわいい。』

That
cat
which
has
long
hair
is
very
so
cute
.
   


 
That cat is very [so] cute. という英文が まずベースになっています。

主語である That cat を説明する部分(which has long hair)が メインの動詞(is)の前にわりこんでいます。

読むときはふつう、メインの動詞(is)の前で息継ぎします。

That cat which has long hair / is very [so] cute.
 
 
先行詞が3人称単数(that cat)で 時制が現在形なので、もうひとつの動詞(have)が has になります。
 
 
which の代わりに that を使うこともできます。
 


that  cat
have  has
very  so
cute

4 
『 この国で話されている(その)言語は英語です。』
 


 
まず、【 先行詞 which もうひとつの動詞 】の部分(↓ 四角の中 ↓)を作りましょう。
 
『  この国で話されている(その)言語  は英語です。』
 
 
 「 この国で話されている(その)言語」
 
 
という部分は、英語では 後ろから前を説明する形 になり
 
 the language which ~ ~ ~
 
 
となります。
 

 

 
『  この国で話されている(その)言語  は英語です。』

The
language
which
is
spoken
in
this
country
is
English
.
   


 
The language is English. という英文が まずベースになっています。

主語である The language を説明する部分(which is spoken in this country)が メインの動詞(is … The language is English のほうの is)の前にわりこんでいます。

読むときはふつう、メインの動詞(2つ目のis)の前で息継ぎします。

The language which is spoken in this country / is English.
 
 
which の代わりに that を使うこともできます。
 

 
発展:

which is を省略すると、過去分詞の【形容詞用法】を使った文になります。

※ 日本語訳は同じです。

The language spoken in this country is English.

『 この国で話されている(その)言語は英語です。』
 

 

 
【 分詞について 】
 
ダントツ英文法:
 
Lesson93 分詞② 過去分詞
 
 
プリント教材 & 仕上げレッスン:
 
分詞を理解するプリント②

分詞を理解するプリント④
 


5 
『 彼女からもらった[与えられた]あの本はとてもおもしろかった。』
 


 
まず、【 先行詞 which もうひとつの動詞 】の部分(↓ 四角の中 ↓)を作りましょう。
 
『  彼女からもらった[与えられた]あの本  はとてもおもしろかった。』
 
 
 「 彼女からもらった[与えられた] あの本」
 
 
(※ 「あの」ではなくて「本」が説明されています)
 
 
という部分は、英語では 後ろから前を説明する形 になり
 
 that book which ~ ~ ~
 
 
となります。
 

 

 
『  彼女からもらった[与えられた]あの本  はとてもおもしろかった。』

That
book
which
was
given
by
her
was
very
so
interesting
.
   


 
That book was very [so] interesting. という英文が まずベースになっています。

主語である That book を説明する部分(which was given by her)が メインの動詞(was … That book was very [so] interesting のほうの was)の前にわりこんでいます。

読むときはふつう、メインの動詞(2つ目の was)の前で息継ぎします。

That book which was given by her / was very [so] interesting.
 
 
which の代わりに that を使うこともできます。
 

 
発展:

which was を省略すると、過去分詞の【形容詞用法】を使った文になります。

※ 日本語訳は同じです。

That book given by her was very [so] interesting.

『 彼女からもらった[与えられた]あの本はとてもおもしろかった。』
 

 

 
【 分詞について 】
 
ダントツ英文法:
 
Lesson93 分詞② 過去分詞
 
 
プリント教材 & 仕上げレッスン:
 
分詞を理解するプリント②

分詞を理解するプリント④
 


(文法問題 ここまで)

 
 

↑ チェックした問題だけを残すには、このボタンをクリックしてください。
 
 
 
※ 問題を はじめの状態にもどすには ここをクリック
(ページを再度開きます)

または『ページの更新』をしてください。
 
 




 

 

 

スペリング 道場
(英単語のつづりを覚えよう)

 

このページで学んだ内容を復習しましょう。

関係代名詞を使った表現の    に入る英単語を答えてください。
 
出てくる文字に続けて、指でスペリングを練習すると効果的です。

覚えるまで 繰り返しチャレンジしてくださいね。
 

 

 
前もって英単語を かくしたいときは

下のボタンを押してください。

(確認テストになります)
 

 
☆ 覚えたら を押してください。

(ボタンを押すと、日本語と英単語が見えなくなります)

 

 
←押すたびにスピードアップします

はじめのスピードにもどす(ページが更新されます)

 
 
『1人の少年といっしょに走っているその犬』
 
→ the dog which [that]      a boy

 

 

 

 
 
『私の母によって作られたこのケーキ』
 
→ this cake which [that]      my mother

 

 

 

 
 
『髪の長い[長い髪を持っている]あのネコ』
 
→ that cat which [that]     

 

 

 

 
 
『この国で話されている(その)言語』
 
→ the language which [that]      this country

 

 

 

 
 
『彼女からもらった[与えられた]あの本』
 
→ that book which [that]    her

 

 

 

 
←押すたびにスピードアップします

はじめのスピードにもどす(ページが更新されます)

 

スペリング 道場
(ここまで)

 
 




 

 

 

 
↑ テキストを印刷して、書き込みながら動画を見ると、より効果的です。

ぜひ印刷してご利用ください。

画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。
 
 




 
 

 

 
ほかのページにも チャレンジ!
 
☆ 学びたい部分を クリックすると、それぞれのページが 開きます。

関係代名詞の英作文 1  ( 主格の who 【 くっつき型 】)
関係代名詞の英作文 2  ( 主格の who 【 わりこみ型 】)
関係代名詞の英作文 3  ( 主格の which 【 くっつき型 】)
関係代名詞の英作文 4  ( 主格の which 【 わりこみ型 】) ☆ 現在のページ ☆
関係代名詞の英作文 5  ( 目的格の which 【 くっつき型 】)
関係代名詞の英作文 6  ( 目的格の which 【 わりこみ型 】)

 

 
英語が少し苦手 という方は

まず『くっつき型』をマスターする

→ それから『わりこみ型』を学ぶ

という流れが良いと思います。

 
 

 
ほかにも たくさんのプリント があります。

ぜひご利用くださいね。

 

基本英単語 のページへ

オリジナル英単語帳 のページへ

ダントツ英文法 のページへ

クリックすると、それぞれのページが 開きます。

 

☆ プリントを使ってみた感想 なども いただけるとうれしいです。

 
 

 
◎ リゾートあつしの おすすめ
 
 
 おすすめ 英語教材(本・参考書・問題集)
 
 
 おすすめ 通信教育(無料体験・資料請求)
 
 
 おすすめ 英会話(通学・オンライン)
 
 
クリックすると それぞれのページが 開きます。
 

 
 
produced by eigoblock

IMG_blokkun-minix2