be動詞と一般動詞のちがいについて


 

 
Google Chrome(グーグルクローム)ご利用がおすすめです。

※ 一部のブラウザでは ボタンクリック後の上下移動が うまくいかないことがあります…

 
 
このページでは、be動詞と一般動詞についてまとめています。
 
 
☆ リンク部分を クリックすると、該当するところへ ジャンプします。

be動詞と一般動詞のちがい
 説明をみる・問題を解く
 スペリング道場 へ
 解説動画 へ
 テキストのプリント へ

 

 
ダントツ英文法のレッスンも合わせてご利用ください。

 be動詞について → lesson1 ~ lesson6

一般動詞について → lesson7 ~ lesson9

 




 

 

 

 
be動詞と一般動詞について学びましょう。

答えがわからないときは ヒントボタンもご活用ください。

 
再チャレンジしたい問題があるときは

にチェックします。(これはサンプル画像です)
 

 

右側がチェックがついている状態です。

※ ボタンを押すと、問題の答えも かくれます。
 

 
すべての問題に取り組んでから

を押すと

チェックした問題だけが残ります。
 
 
 

 
 
 
 

Questions(問題 ここから)

 

はじめに

am, are, is などの動詞を 『be動詞』(ビー動詞) といいます。
 
be は am, are, is などの 原形(・・・もともとの形)です。
 
am, are, is は、be動詞が 主語 に合わせて形を変えたものです。
 
run「走る」、walk「歩く」などの語句を 『一般動詞』 といいます。
 
1つの英文に、動詞は 1つしか使えない ので、どちらを使うかをまず考えます。 

 

   
 

am  are
is  run
walk

 

動詞の分かれ道

英文を作るとき、あなたの前にはいつも分かれ道があります。

必ずどちらか1つを選ばなければなりません。
 

 
たとえば、am と run が1つの英文にあったら間違いということになります。
 

ただし、文をつなぐ接続詞(and, or, … など)があるときは 2つ使えます。

 

 

be動詞の文【疑問文・否定文】

be動詞( am, are, is )がある文の、疑問文・否定文の作り方を説明します。
 
 
疑問文の作り方:

be動詞を 主語の に持っていく。
 
 
 
否定文の作り方:

be動詞のうしろに not を置く。
 

 

   
 

 

一般動詞の文【疑問文・否定文】

一般動詞がある文の、疑問文・否定文の作り方を説明します。
 
 
疑問文の作り方:

do , does, did を使う。
 
動詞は 原形 にする。
 
 
 
否定文の作り方:

don’t , doesn’t, didn’t を使う。
 
動詞は 原形 にする。
 

 

   
 

 
☆ do, does, did については、ダントツ英文法の『一般動詞の疑問文( Lesson8 )・否定文( Lesson9 )』や、プリント教材の『疑問詞が主語の文(+代動詞)の』もぜひご覧ください。
 

一般動詞の文の【疑問文・否定文】のまとめ

一般動詞の文の【疑問文・否定文】の作り方を 図にまとめました。

つまり、do(n’t), does(n’t), did(n’t) のどれを使っても、動詞は必ず 原形 になります。
 

 

   
 

(問題 ここまで)

 
 

↑ チェックした問題だけを残すには、このボタンをクリックしてください。
 
 
 
※ 問題を はじめの状態にもどすには ここをクリック
(ページを再度開きます)

または『ページの更新』をしてください。
 

解説動画も見るとさらに効果的です。

 




 

 

 

スペリング 道場
(英単語のつづりを覚えよう)

 

このページで学んだ英単語が 1文字ずつ出てきます。

出てくる文字に続けて、指でスペリングを練習すると効果的です。

覚えるまで 繰り返しチャレンジしてくださいね。
 

 

 
前もって英単語を かくしたいときは

下のボタンを押してください。

(確認テストになります)
 

 
☆ 覚えたら を押してください。

(ボタンを押すと、日本語と英単語が見えなくなります)

 

 
←押すたびにスピードアップします

はじめのスピードにもどす(ページが更新されます)

 
 
『 am, are, is を何動詞という? 』
 

 

 

 
 
『 am, are, is などの原形(もともとの形)は何? 』
 

 

 

 
 
『 走る 』
 

 

 

 
 
『 歩く 』
 

 

 

 
 
『 be動詞の文の否定文では、be動詞のうしろに何を使う? 』
 

 

 

 
 
『 一般動詞の文では、何を使って疑問文をつくるか? 』(英単語3つ)
 

 

 

 
 
『 do not の短縮形は? 』
 

 

 

 
 
『 does not の短縮形は? 』
 

 

 

 
 
『 did not の短縮形は? 』
 

 

 

 
←押すたびにスピードアップします

はじめのスピードにもどす(ページが更新されます)

 

スペリング 道場
(ここまで)

 
 




 

 

 

 
↑ テキストを印刷して、書き込みながら動画を見ると、より効果的です。

ぜひ印刷してご利用ください。

画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。
 
 




 
 
 

ほかにも たくさんのプリント があります。

ぜひご利用くださいね。

 

基本英単語 のページへ

オリジナル英単語帳 のページへ

ダントツ英文法 のページへ

クリックすると、それぞれのページが 開きます。

 

☆ プリントを使ってみた感想 なども いただけるとうれしいです。

 
 

 
◎ リゾートあつしの おすすめ
 
 
 おすすめ 英語教材(本・参考書・問題集)
 
 
 おすすめ 通信教育(無料体験・資料請求)
 
 
 おすすめ 英会話(通学・オンライン)
 
 
クリックすると それぞれのページが 開きます。
 

 
 
produced by eigoblock

IMG_blokkun-minix2