lesson9 … 一般動詞 (1人称・2人称)【否定文】

 中学英文法の解説授業の動画(全100講座)を無料公開中

前半動画
後半の解説動画を見るためには、メールマガジン内でお伝えしているパスワードが必要になります。  後半動画を見るにはここをクリック。 / メルマガ登録はこちらから

 

↓ クリックすると、テキスト&確認テスト(大きい画像・PDFファイル)のページへ移動します ↓

テキスト(一般動詞、否定文)l9

 

確認テスト(英作文のプリント)te9

 

☆ 以下は、テキストの内容(基本文、解説)になります。

【テキストの画像やPDFファイルを見ることができないときにご覧ください。】

 

≪ I do not [don’t] 一般動詞(~) … . ≫「私は~しません。」

※ do notの短縮形はdon’t [ドウント]

(1)  I do not [don’t] have a car. 『私は(1台の)車を持っていません。』

(2) I do not know this man. 『私はこの男性を知りません。』

thisには「これ(は)」の意味の代名詞と「この」の意味の形容詞がある。

(3) We don’t speak Japanese. 『私たちは日本語を話しません。』

国の言語は文のどこにあっても必ず最初の文字が大文字になる。

Japanese(日本語)、English(英語)、Chinese(中国語)

「(言語)を話す」の意味ではspeakを使う。talkは「話し合う、おしゃべりする」の意味。

(4)  Ken and I do not play the piano.

『ケンと私はピアノを弾きません。』

楽器名は強く読む位置(アクセント)に注意!

piano [ピアノウ], violin [ヴァイオリン], guitar [ギター]

(5)  You don’t need this notebook.

『あなた(たち)はこのノートが必要ではありません。』

※ youには「あなた、あなたたち」の2つの意味があるので、状況に応じて訳す。

「ノート」はnotebookと書き、[ノウトブック]と読む。

noteだと「メモ、短い手紙」の意味。