lesson91 … 間接疑問文

 中学英文法の解説授業の動画(全100講座)を無料公開中

前半動画
後半の解説動画を見るためには、メールマガジン内でお伝えしているパスワードが必要になります。  後半動画を見るにはここをクリック。 / メルマガ登録はこちらから

 

↓ クリックすると、テキスト&確認テスト(大きい画像・PDFファイル)のページへ移動します ↓

テキスト(間接疑問文)l91

 

確認テスト(英作文のプリント)te91

 

☆ 以下は、テキストの内容(基本文、解説)になります。

【テキストの画像やPDFファイルを見ることができないときにご覧ください。】

 

≪ 間接疑問文 ≫ … 疑問詞で始まる疑問文が、ほかの文の一部になる文。

※ 間接疑問文は < 疑問詞 + 主語 + 動詞 > の語順になる。

 

【be動詞の文】Who is he ?

→ I don’t know who he is .「私は彼がだれなのか知りません。」

 

【一般動詞の文】Where does he live ?

→ I don’t know where  he  lives.

「私は彼がどこに住んでいるのか知りません。」

※ doesがなくなり、動詞に3単現のsがつく。doのときは動詞は原形のまま。

過去の文ではdidがなくなり、動詞を過去形にする。

 

☆ 文頭が疑問文でも、間接疑問文の語順はかわらない。

クエスチョンマークをつけるかどうかは文頭を見て判断する。

Do you know where Emi is ? 「あなたはエミがどこにいるか知っていますか。」

(1) I do not know what you mean.

『私はあなたが何を意味するのか[言っているのか]わかりません。』

(2) Do you know who that girl is ?

『あなたはあの少女がだれなのか知っていますか。』

YesまたはNoで答えられるので、文末を上げ調子(↗)で読む。

(3) I want to know why he came here.

『私はなぜ彼がここに来たのか知りたい。』

(4)  She knows how he goes to school.

『彼女は彼がどうやって学校へ行くか知っています。』

(5)  Does Aki know where he lives ?

『アキは彼がどこに住んでいるのか知っていますか。』

YesまたはNoで答えられるので、文末を上げ調子(↗)で読む。

☆ 疑問詞が主語の場合は、語順はそのままで間接疑問文にする。

Who wrote this letter ?「だれがこの手紙を書きましたか。」

→ I know who wrote this letter.

「私はだれがこの手紙を書いたのか知っています。」