lesson88 … 不定詞⑤ It - for 人 to ~ の文

 中学英文法の解説授業の動画(全100講座)を無料公開中

前半動画
後半の解説動画を見るためには、メールマガジン内でお伝えしているパスワードが必要になります。  後半動画を見るにはここをクリック。 / メルマガ登録はこちらから

 

↓ クリックすると、テキスト&確認テスト(大きい画像・PDFファイル)のページへ移動します ↓

テキスト(不定詞⑤、It for to の文)l88

 

確認テスト(英作文のプリント)te88

 

☆ 以下は、テキストの内容(基本文、解説)になります。

【テキストの画像やPDFファイルを見ることができないときにご覧ください。】

≪ It ― (for 人[…]) to ~ . ≫  ※ ~には 動詞の原形 が入る。

「(…にとって)~するのは―だ。」

Itはto ~ の代わりをする形式主語(仮主語)。

Itは意味を持たない語なので訳さない。to ~ の部分は真主語という。

このような形を使うのは、英語では、文頭に長い主語がある文をきらうため。

to ~ の部分をItを使って短い主語にし、本当の主語は文末(文の後半)に置く。

☆ for 人[…] の部分を省略した形もある。→(1)(2)

(1) It’s [It is] important to study math.

『数学を勉強することは重要です。』

(2) It isn’t [is not] easy to read the story.

『その物語を読むのは簡単ではありません。』

否定文にするときはbe動詞(この文ではis)のうしろにnotを置く。

過去形の文ではwas not [wasn’t]にする。

(3) It is difficult [hard] for me to understand Japanese.

『私にとって日本語を理解することは難しい。』

(4)  Is it interesting for you to write letters in English ?

『あなたたちにとって英語で手紙を書くことはおもしろいですか。』

疑問文はbe動詞を文頭に持っていく。

Yes, it is.「はい、そうです。」または

No, it is not.「いいえ、そうではありません。」で答える。

 

☆ ―の部分に、行為者の性質・性格をあらわす語があるときには

≪ for 人 ≫ ではなく ≪ of 人 ≫ のかたちにする。

… 性質をあらわす語には、kind / good / nice (親切な)、

polite (ていねいな)、rude (無礼な)、careless (不注意な)、

clever /smart / wise (頭のよい、利口な)、

foolish / stupid / silly (ばかな、愚かな) などがある。

 

It is kind of you to help me.

「私を助けてくれるなんてあなたは親切です。/

私を助けてくれてありがとう。」

 

It was careless of him to say such a thing.

「そんなことを言うなんて彼は不注意だった。/

不注意にも彼はそんなことを言った。」