lesson81 … 受け身(受動態)② 過去形の文

 中学英文法の解説授業の動画(全100講座)を無料公開中

前半動画
後半の解説動画を見るためには、メールマガジン内でお伝えしているパスワードが必要になります。  後半動画を見るにはここをクリック。 / メルマガ登録はこちらから

 

↓ クリックすると、テキスト&確認テスト(大きい画像・PDFファイル)のページへ移動します ↓

テキスト(受け身【受動態】②、過去形)l81

 

確認テスト(英作文のプリント)te81

 

☆ 以下は、テキストの内容(基本文、解説)になります。

【テキストの画像やPDFファイルを見ることができないときにご覧ください。】

≪ 受け身(受動態)【過去形】≫「~された、~されていた」の文

< was, were + 過去分詞形 > であらわす。

【能】Emi washed that car. →【受】That car was washed by Emi.

① 【能】の目的語(that car)を【受】の主語(That car)にする。

② 【能】の動詞を < be動詞 + 過去分詞形 > にする。

…be動詞は【受】の主語と、時制(この文では過去)を見て選ぶ。

③ 【能】の主語をbyのうしろに置く。(代名詞の場合は目的格にする)

(1) The game was played by those students.

『その試合はあれらの生徒たちによってプレーされました。』

those students …「あの生徒たち」と訳してもよい。

(2) Were these books written by him ?

『これらの本は彼によって書かれましたか。』

Yes, they were. 『はい、そうです。』

No, they were not [weren’t]. 『いいえ、そうではありません。』

◎ 疑問文 ≪ be動詞を主語の前に持っていく ≫ … 今までのbe動詞の文と同様。

 

◎ 疑問詞のある疑問文 ≪ 疑問詞 + be動詞 + 主語 + 過去分詞形 … ? ≫ など

When was this window broken by Tom ?

「この窓はいつトムによって割られましたか。」

 

◎ 否定文 ≪ be動詞のうしろにnotをつける ≫

The box wasn’t made by her.

「その箱は彼女によって作られませんでした。」

 

≪受け身(受動態)の形を使った重要熟語≫

be interested in ~「~に興味がある」

be surprised at ~「~に驚く」

be born「生まれる」

be known to ~「~に知られている」

be known as ~「~として知られている」

be crowded with ~「~で混んでいる」

be made of [from] ~「~で作られている」

(of…原料が見てわかる[変化しない]、from…原料が見てわからない[変化する])

be killed in ~「~で死ぬ」

be filled with ~「~でいっぱいである」

be covered with ~「~でおおわれている」

be satisfied with ~「~に満足する」 など