lesson70 … should ~ の文

 中学英文法の解説授業の動画(全100講座)を無料公開中

前半動画
後半の解説動画を見るためには、メールマガジン内でお伝えしているパスワードが必要になります。  後半動画を見るにはここをクリック。 / メルマガ登録はこちらから

 

↓ クリックすると、テキスト&確認テスト(大きい画像・PDFファイル)のページへ移動します ↓

テキスト(should ~ の文)l70

 

確認テスト(英作文のプリント)te70

 

☆ 以下は、テキストの内容(基本文、解説)になります。

【テキストの画像やPDFファイルを見ることができないときにご覧ください。】

 

≪ should ~ ≫「~すべきである」【義務】

※ shouldはshallの過去形だが、おもに現在形の文で「~すべきである」の意味で使う。

☆ 【lesson87 … 疑問詞 +  toの文】も参照のこと。

 

◎ 否定形 ≪ should not ~ ≫  ※ 短縮形はshouldn’t

 

※ shouldを使った文はふつうhad better ~「~したほうがよい」を

使った文と書き換えができる。

しかし、日本語訳に反して、had betterのほうが強い言い方になる。

(1) You should go there soon.

『あなたはすぐにそこへ行くべきです。』

must「~しなければならない」も【義務】をあらわすので

You must go there soon. もほぼ同意の文になる。

(2) We shouldn’t [should not] stay here.

『私たちはここに滞在すべきではない。』

stayのうしろにはinやatをふつう使うがhere「ここに、ここで」の直前には不要。

(3) Which train should I take ? 『私はどの電車に乗るべきですか。』

takeには「乗る」のほかにも「手に取る、(写真を)撮る、連れていく、

(時間)がかかる、買う、(薬を)飲む」などの意味がある。

(4)  You should go and see a doctor.

『あなたは医者に行って診てもらうべきです。』

Doctor, I have a headache.「先生[お医者さん]、私は頭痛がします。」

… 医師に呼びかけるときはaやtheなどをつけない。

 

☆ shouldはshallの過去形でもあるので、≪時制の一致≫を受けるときにも使われる。

I thought (that) I should [would] leave soon.

「私はすぐに出発しようと思いました。」

… 主節の動詞が過去形( thought … thinkの過去形 )なので、

thatのうしろの文の時制も過去形になる。

※ wouldはwillの過去形 →【lesson49】参照

発展 shouldの同意表現にought [オート] to ~ がある。

You ought to go home now.「あなたはもう家に帰るべきです。」