lesson57 … must ~ の文 / must not ~ の文

 中学英文法の解説授業の動画(全100講座)を無料公開中

前半動画
後半の解説動画を見るためには、メールマガジン内でお伝えしているパスワードが必要になります。  後半動画を見るにはここをクリック。 / メルマガ登録はこちらから

 

↓ クリックすると、テキスト&確認テスト(大きい画像・PDFファイル)のページへ移動します ↓

テキスト(must ~ / must not  ~)l57

 

確認テスト(英作文のプリント)te57

 

☆ 以下は、テキストの内容(基本文、解説)になります。

【テキストの画像やPDFファイルを見ることができないときにご覧ください。】

 

≪ must 動詞の原形(~) ≫「~しなければならない」

☆ 主語が何であっても(…3人称・単数であっても)  ≪ must  + 動詞の原形 ≫ の形で使う。

※ mustはhave to / has toに書き換え可。→【lesson56

 

◎ 否定文 ≪ must not ~ ≫「~してはいけない」

※ 短縮形はmustn’t [マスント](発音に注意!)

☆ Don’t ~ . の文と書き換え可

◎ 疑問文 ≪ Must  主語 ~ ? ≫「~しなければなりませんか。」

Yes, 主語 must . 「はい、しなければなりません。」

No, 主語 do [does] not have to. 「いいえ、その必要はありません[しなくてもよい]。」

※ Noで答える場合はmustを使わないので注意!

( Do I have to ~ ? の答え方について →【lesson56】)

(1) He must [has to] help his mother.

『彼は彼のお母さんを手伝わなければならない。』

(2) You must not [mustn’t] eat too much.

『あなたは食べ過ぎては[あまりにたくさん食べては]いけません。』

[= Don’t eat too much.]

too「あまりに~すぎる」副詞 , much「多量、たくさん」代名詞

(3) Must I go now ? 『私は今行かなければなりませんか。』

[= Do I have to go now ?]

Yes, you must. 『はい、そうです。』

No, you don’t have to.

『いいえ、その必要はありません[しなくてもよいです]。』

☆ mustには過去形がないので、「~しなければならなかった」

の意味ではhad to [ハぁトゥ] ~ を使う。→【lesson56

☆ mustには「~にちがいない」の意味もある。

He must be an American.「彼はアメリカ人にちがいない。」