lesson55 … 不定詞③ 形容詞用法「~するための」

 中学英文法の解説授業の動画(全100講座)を無料公開中

前半動画
後半の解説動画を見るためには、メールマガジン内でお伝えしているパスワードが必要になります。  後半動画を見るにはここをクリック。 / メルマガ登録はこちらから

 

↓ クリックすると、テキスト&確認テスト(大きい画像・PDFファイル)のページへ移動します ↓

テキスト(不定詞③、形容詞用法)l55

 

確認テスト(英作文のプリント)te55

 

☆ 以下は、テキストの内容(基本文、解説)になります。

【テキストの画像やPDFファイルを見ることができないときにご覧ください。】

 

≪ 形容詞用法「~する(ための)、~すべき」≫

 to  + 動詞の原形  →「~する(ための)、~すべき」

… 名詞や代名詞をうしろから説明する。

a book to read 「読むための本、読むべき本」

no time to play 「遊ぶ(ための)時間がない」

< ~thing  +  形容詞用法 > →(3)(4)

something to eat  (食べるための何か→)「何か食べるもの」

※ hot, coldなどの形容詞が入るときは以下の語順になる。

something hot to drink「何か熱い飲み物」

☆ 前置詞が必要になる不定詞表現

「住む(ための)家」 a house to live in  (← live in a house)

「座る(ための)イス」 a chair to sit on  (← sit on a chair)

「いっしょに遊ぶ(ための)友だち」a friend to play with  (← play with a friend)

(1) He has a lot of [much] work to do.

『彼にはすべき仕事がたくさんあります。(…彼はするべきたくさんの仕事を持っています。)』

work「仕事」は数えられない名詞

(2) I have an English book to read.

『私は読むべき[読むための]英語の本を1冊持っています。』

(3) I want something to drink. 『私は何か飲むもの[飲み物]が欲しい。』

(4)  She has nothing to do today. 『彼女は今日何もすることがありません。』

(5)  Kyoto has many [a lot of] places to visit.

『京都には訪れるべき場所がたくさんあります。』

(するための何もないことを持っている →)「何もすることがない」