lesson35 … can の文

 中学英文法の解説授業の動画(全100講座)を無料公開中

前半動画
後半の解説動画を見るためには、メールマガジン内でお伝えしているパスワードが必要になります。  後半動画を見るにはここをクリック。 / メルマガ登録はこちらから

 

↓ クリックすると、テキスト&確認テスト(大きい画像・PDFファイル)のページへ移動します ↓

テキスト(canの文)l35

 

確認テスト(英作文のプリント)te35

 

☆ 以下は、テキストの内容(基本文、解説)になります。

【テキストの画像やPDFファイルを見ることができないときにご覧ください。】

≪ can  + 動詞の原形(~) ≫「~(することが)できる」

☆ 主語が何であっても(…3人称・単数であっても)

≪ can  + 動詞の原形 ≫ の形で使う。

… canにも動詞にも、3単現のsはつけない。

※ canのように、動詞に意味をそえる働きをする語を助動詞といい、

助動詞のうしろには動詞の原形を使う。

 

◎    疑問文

≪ Can  +  主語  +  動詞の原形(~) … ? ≫

「~(することが)できますか。」※ 文末を上げ調子(↗)で読む。

Yes, 主語 can.  /  No, 主語 can’t [cannot / can not] .

 

◎ 否定文

≪  can’t [ cannot / can not ]  +  動詞の原形(~) ≫

「~(することが)できません。」

(1) He can swim well. 『彼は上手に泳ぐことができます。』

 

(2) Can he drive a car ? 『彼は(1台の)車を運転することができますか?』

Yes, he can. 『はい、できます。』

No, he cannot [can’t / can not]. 『いいえ、できません。』

(3) I can not [can’t / cannot] play the piano.

『私はピアノを弾くことができません。』

※ canには「~する能力・技術がある」という意味が含まれるので

Can you speak English ? などは失礼な表現になりうる。

(この場合、Do you speak English ? のほうが好まれる。)

☆ canには「~してもよい」の意味もある。→【lesson36