lesson21 … 3人称・単数・現在形のs【否定文】

 中学英文法の解説授業の動画(全100講座)を無料公開中

前半動画
後半の解説動画を見るためには、メールマガジン内でお伝えしているパスワードが必要になります。  後半動画を見るにはここをクリック。 / メルマガ登録はこちらから

 

↓ クリックすると、テキスト&確認テスト(大きい画像・PDFファイル)のページへ移動します ↓

テキスト(3単現のs、否定文)l21

 

確認テスト(英作文のプリント)te21

 

☆ 以下は、テキストの内容(基本文、解説)になります。

【テキストの画像やPDFファイルを見ることができないときにご覧ください。】

 

◎ 主語が3人称・単数形、現在形の【否定文】

does not [doesn’t] 一般動詞の原形(~) … ≫「~しません。」

(1) He does not [doesn’t] like math. 『彼は数学が好きではありません。』

(2) That girl doesn’t live here. 『あの女の子はここに住んでいません。』

live in ~ で「~に住んでいる」の意味だが、here(ここに、ここで),

there(そこに、そこで) はinの意味を含んでいるので、直前にinは使わずに

live here, live thereとなる。

(3) The boy doesn’t play baseball. 『その少年は野球をしません。』

(4) He does not go to bed early. 『彼は早く寝ません。』

(5)  Eri does not have any CDs. 『エリはCDを1枚も持っていません。』

≪ not ~ any  no ≫ なので Eri has no CD(s). も同意の文。

 

≪主語がtheyのときの否定文≫

… theyは3人称・複数の主語 → 否定文にするときはdon’t, aren’tを使う。

(doesn’tを使わないように注意!)

① 一般動詞のとき  They don’t [do not] 一般動詞の原形(~) … .

彼らは[彼女らは / それらは]~しません。」 例文 They don’t go there.

② be動詞のとき    They aren’t [are not] … .

彼らは[彼女らは / それらは]…ではありません。」 例文 They aren’t busy now.