lesson1 … I am ~ . の文

 中学英文法の解説授業の動画(全100講座)を無料公開中

前半動画
後半の解説動画を見るためには、メールマガジン内でお伝えしているパスワードが必要になります。  後半動画を見るにはここをクリック。 / メルマガ登録はこちらから

 

↓ クリックすると、テキスト&確認テスト(大きい画像・PDFファイル)のページへ移動します ↓

テキスト(I am ~ の文)l1

 

確認テスト(英作文のプリント)te1

 

☆ 以下は、テキストの内容(基本文、解説)になります。

【テキストの画像やPDFファイルを見ることができないときにご覧ください。】

 

英文を書くときのおもなルール

① 文頭の語は大文字で書く。

② 単語と単語の間は少し開けて書く。

③ 人名・国名・国の言語などは、文のどこにあっても語頭を大文字で書く。

④ 英文の終わりには ピリオド( . )をつける。

≪ I am ~ . ≫「私は~です。」

※ I am の短縮形は I’m [アイム]

… 主語が I のときの「~です」は am を使う。am は be動詞 の1つ。

I は文のどこにあっても大文字で書く。例: you and I (あなたと私)

(1) I am [I’m] Eri. 『私はエリです。』

(2) I’m [I am] very happy. 『私はとても幸せです。』

(3) I am a boy. 『私は(1人の)少年です。』

a ~ 「1人の~、1つの~、1本の~」

… 名詞の直前に使う冠詞。訳さないことも多い。

(4)  I’m not busy now. 『私は今忙しくありません。』

≪ I am not ~ . ≫「私は~ではありません。」(= I’m not ~ . )

am のうしろに not を使う。am と not の短縮形はない。

※「~ではない」のような文を、≪否定文(または打ち消し文)≫ という。

(5)  I am not a teacher. 『私は(1人の)先生ではありません。』

(6) I’m not a high school student.

『私は(1人の)高校生ではありません。』

☆「(1人の)中学生」… a junior high school student

※ junior [ヂューニァ]「年下の、下級の」

 

 

ダントツ英文法(全100講座)のラインナップはこちらから

以下は編集中です。